食洗機と浄水器はキッチン周りのアイテムとして、どちらも暮らしを豊かにしてくれる存在です。この記事では、これらの機材のメリット・デメリットや、導入をおすすめできるケースについて見ていくことにします。

現時点で購入を検討中の方はもちろん、食洗機や浄水器の実力はどの程度かチェックしておきたいと言う方も、ぜひ、目を通してみて下さい。

食洗機のメリット・魅力

食洗機は読んで字のごとく、食器やある程度の調理器具類を洗浄することができる機材です。キッチンに組み込んで設置する、スタイリッシュなビルトインタイプと、後付けで使う卓上タイプがあります。基本的な使い方は両者とも同じで、洗剤と食器をセットすれば、後は自動運転で洗浄してくれるというもの。

乾燥機能を併せ持っている機種が人気で、これなら洗い終わった後、そのまま食器類を乾かしてくれます。この自動で洗浄してくれるのは大きなメリットです。単に食器洗いの手間が省けて楽、と言うだけに留まりませんので、その魅力を見ていきましょう。

食器洗いに手を使わないという特徴から、幾つかの利点が生じてきます。まず、洗剤や水に長時間触れる必要がなくなるので、手湿疹などのトラブルに悩んでいる方の場合、食洗機にかえてから症状が治まったとの声は少なくありません。

また、手で触れないほどの温度の湯を使用できますから、食器の油を落としやすく、殺菌効果も高くなっています。従来はキレイに洗えないといった声も多かったのですが、近年は改良が進んで手洗いよりも上手に洗える機種も増えてきました。

実際のレビューを見ても、ガラスのコップがスッキリと透明に洗い上がるなど、洗浄力についても好評価が目立つようになっています。同じく以前はデメリットだった使用する水量が多い問題も、近年は解決済み。100リットル以上の水が必要だったのは既に過去の事で、最新機種ですと10リットルに満たない水量で洗浄することもできます。

結果的に手洗いよりも節水に繋がるので、地域によっては自治体から補助金が出ているケースも見当たるほどです。

食洗機のデメリット

かなりの部分で食洗機のデメリットは解消されていますが、まだ、難点と言える箇所は完全になくなったわけではありません。購入した後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するのは避けたいですから、具体的にはどのような問題が生じやすいのかも、見ておきましょう。

代表的なデメリットとして良く指摘されるのは「音が大きい」、「サイズが大きい」、「対応できない食器がある」の3つです。音が大きいと言う点も改良が進みつつありますが、まだ、実用上は気になる方も少なくはありません。

逆に、気にならない方も増えているので、この部分は実店舗で、できれば確認してみると良いでしょう。サイズが大きい点についても改善が見られ、だいぶコンパクトな機種も登場しています。食器乾燥機に比べて場所は取りがちですが、それも前ほどではなくなっていますし、ビルトインタイプを選べばデザイン的にもスッキリしますので検討してみるのがおすすめです。

対応できない食器については漆器やクリスタルガラスなどの製品の他、形状が複雑なものも問題となります。この点は、シンプルな食器を中心にしている場合では関係のないデメリットです。他には、食器の並べ方によっては上手く洗えないとの声もあります。

加えて予洗いと言うべきか、食洗機に食器類を投入するまでに、軽く汚れを落とす手間は掛かるので、これがネックに感じる方も多いです。節水によるコストカット効果はありますが、電気代が高くなるのもデメリット。この辺りは今後、改善が期待される部分と言えるでしょう。


食洗機をおすすめできる方

上記のような特徴がある食洗機は、メリットとデメリットを総合評価すると、購入すべきか悩む方も多いのではないでしょうか。確かに利点は多いけれど、今すぐ購入する必要があるかと言うと、そこまでの重要性は感じられないかも知れません。

この点については、実際の生活スタイルや家族構成などによって、メリットが大きくなりえます。

確かに難点もあるものの、場合によっては購入したほうが幸せになれるケースは少なくはないわけです。まず、おすすめできるのは忙しく、家事にかけられる時間が少ないという方です。一人暮らし・共働き・子育て世帯では、何かと時間がなくなりがちですから、毎食後の食器洗いだけでも機械化すると、かなり楽になれます。

実際に食洗機を買って良かったと感じている方は、このようなライフスタイルの方が多く見受けられるようです。手荒れが心配な方や、体調が優れない事が多い方、病気療養中の場合などでも役立つと考えられます。体にかかる負担を避けられるので、病気になった時には魅力がわかると言う声も、稀ではありません。

他には、オール電化で深夜電力を利用している場合には、電気代のデメリットを低減できます。これを利用して、深夜に食洗機を運転させているという方も見当たりました。電力プランによってはお得な使い方が可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

浄水器のメリットとデメリット

近年は飲食に使う水は、水道ではなくミネラルウォーターを選ぶ方も増えてきました。現在はウォーターサーバーが人気ですが、より手軽に使える浄水器も有力候補です。浄水器は水道に接続して使うタイプで、水道水に含まれる不純物を取り除くことができるのが魅力。

ウォーターサーバーと違い、水タンクを購入して付け替える必要がないのはメリットです。浄水器にも色々なモデルが登場しており、RO水を作れるものや、水道水をミネラルウォーターにできるタイプも見かけるようになりました。

非常に選択肢が豊富となっていますので、きれいな水をタップリと使いたい方は要チェックです。難点としては、フィルター交換や機材の清掃が必要な点が挙げられるでしょう。これは面倒なだけではなく、ランニングコストを悪化させる原因にもなってきます。

この辺りについては、サーバーで掛かる費用と比較して考えていくのがおすすめです。タイプにもよりますが、浄水を行うのに時間がかかるものもあります。購入を考える際には、色々なモデルの特徴を比較して、ニーズにマッチした製品を選びたいものです。

浄水器をおすすめできるケース

キレイな水を使いたいけれど、ミネラルウォーターのサーバーでは量が足りない時、浄水器が選択肢となってきます。浄水器は水道と同じレベルの水量を使えるものが多いので、飲用はもちろん、炊事や洗顔などに使っても大丈夫です。

炊事では水道水に比べて美味しく調理できるとの意見がよく見かけられますから、ワンランク上の料理を目指すなら、ぜひ、試してみましょう。ファミリー世帯では、肌の弱い赤ちゃんのために浄水器を使うという意見も増えてきました。

水道水は殺菌されている点は安心なのですが、不純物が肌を刺激するケースがあります。これが原因でアトピーが悪化するなどの肌トラブルに繋がる場合もあるようなので、そのために浄水器を使うというわけです。この点については大人であっても、肌トラブルへの対策に浄水器を活用しているという声も見られます。


食洗機と浄水器を同時に設置する注意点

食洗機と浄水器の両方を設置する場合には、気をつけたい点があります。戸建て住宅の場合は両方設置できるケースは多いかと思いますが、賃貸物件の場合には、同時設置の可否については注意した方が良いでしょう。場合によっては分岐水栓を使っても、片方だけしか取り付けできない物件があるのです。

これから物件を探す際には、食洗機と浄水器を同時に接続したい場合は、メーカーに問い合わせるなどして、同時設置が可能かについて確認をしておくのがおすすめです。

注意すべきポイントも把握してミニサイズの食洗機を活用しよう